先輩社員のご紹介

自分の手を通じ、送り出した高品質商品が製品となって市場にあるのは、大きな喜び。

尾池アドバンストフィルム(株)
品質保証部
品質保証課
課長

入社直後は開発研究所に配属、防汚・撥水機能のコーディング技術開発を担当。
3年目にはスパッタリングによる多層膜形成を手がけるなど、スパッタリングとウエットコーディング双方の知識・技術を習得。 ARフィルムなど両技術を組み合わせ品質を安定させる生産技術の仕事を経て、3年前より品質保証部に在籍。
幅広い知識を活かし活躍中。

タッチパネルやELなどの最新エレクトロニクス製器も、私たちの技術あってのモノです。

私が所属する尾池アドバンストフィルムでは、真空蒸着・スパッタリング・ウェットコーティングのコア技術とサブ技術を結集し、金銀糸生産の伝統技術から包装材・最先端の電子情報材料フィルムまで、幅広い製品の生産を担っています。 こうした様々な製品の品質を保証し、原因究明から報告書作成・クライアントへの説明、さらには社内製造部門の品質改善も手がけるのが品質保証部の仕事。
ですから扱う全商品の知識はもちろん、機械や電気・化学など幅広い知識も必要ですし、製造チームをまとめ牽引する管理能力、様々なデータを収集し分析・判断する力、さらにはお客さまへの対応力など社会人としての高い能力も求められます。 それなりのキャリアを重ねてきたからこそできる仕事でもあり、中味は深いですね。 中でも特別配慮しているのが、的確な判断と素早い対応。 最悪の場合ラインが止まるわけですから、時間が経過すればするほど損害が大きくなるわけです。
そのためにも早めに対応すること、できれば芽のうちに摘んでしまうこと、それが重要です。

利益に直結する品質改善・保証の仕事、技術的な裏付けと交渉力が武器です。

これは社内の例ですが、ある製造部門の歩留まりが非情に悪い。 そこでまずはグループで毎週集まり「ここに注意する」「このやり方を改める」など、具体的な目標を掲げ行動に移したのです。 製造スタッフに納得して貰うため、キズの入っている写真を添付した資料を作成したりデータを取ったりもしました。 こうした対策を取ることで不良がほぼゼロに。 改善した分がそのまま会社の利益として計上されるのですから、現場の士気も大いに高まりましたね。
タフな交渉力を必要とする場合もあります。 タッチパネル用のフィルムに、場所を指定されても解らないほどのわずかなキズが入っていたことがありました。 もちろん製品化されても全く問題のないレベルです。 しかし、お客さまに「これで問題ありません」とは面と向かって言えるはずもなく、後は技術的レベルでの交渉次第。 利益に直結しますからこちらも簡単には引き下がれず、互いの間を取ることで何とか終結に漕ぎ着けました。

クライアントとともに月1回の品質会議を開催する、この実現に向け、人材育成に取り組みます。

現在、顧客企業は30〜40社程度。
国内だけではなく、中国や台湾・アメリカなど海外にも製品を出しています。 こうした取引先を定期的に訪問したい。 メイン企業については、できれば月1回程度は品質会議を開き、様々な課題について話したい。
そう考えているのですが、担当者が少なくなかなか難しいのが現状です。 とはいえ、歩留まり3%を1%に改善できれば、これは当社にとってもさらには取引先にとっても大きな利益に繋がる話。
そのため人材育成は急務といえます。 もちろん経験者の方がとり組みやすい仕事ではありますが、私はキャリアが浅くても素直な新人にもとり組んで貰いたいと思っています。
ベテランであるが故の頑固さや固定観念に縛られ、原因究明の際に答えに辿り着けない危険があるからです。
現場スタッフに「教えて」とこだわり無く言える、そんなコミュニケーション力や一所懸命さをお持ちの方。ここなら、専門分野にこだわらず広い視野で仕事にとり組む、そんな面白さを手にできます。