尾池工業株式会社 ENGLISH CHINESE
サイトマップ お問い合わせ
ホーム 製品案内 技術案内 環境活動 会社情報
ホーム > 会社情報
会社情報
会社情報|イノベーションの伝統を推進力に、もっと 新生「OIKE」へ。
基幹フィールドさえも、変えていく。それが新しい「OIKE」への挑戦。
私たち尾池工業株式会社の創業は、明治9年。
刺繍用金銀糸の製造・販売を生業として発足しました。
以来、着物や工芸品を彩る金銀糸・メタリックパウダーなどの「加飾材料」、また食品を酸化から守る蒸着フィルムなどの「包装材料」を、他社に先駆けた高度なドライ&ウェットコーティング技術で製造することにより、皆様から評価をいただき、着実な発展を遂げてまいりました。これが私たち尾池グループの基盤です。
しかし、現在は社会も大きく変化しています。
京都という地域、そして社会に深く根差した企業として今後も発展していくためには、私たちも自ら変化していく姿勢が必要です。
そこで私たちはいま、新生「OIKE」として全社一丸となって変革に挑戦しています。
尾池工業外観

注力するフィールドを、かつての基幹フィールドからシフトさせつつあるのも、その変革のひとつ。例えば、近年ではデジタルカメラ、携帯電話をはじめとする電子機器がビジネスを動かしていますが、私たちもプラズマディスプレイや液晶の反射フィルム、タッチパネルの材料などディスプレイ用の「電子情報材料」の製造をスタートさせ、いまや社会の情報化の一端を支えるようになりました。
また、あらゆる業界でより付加価値の高い製品が求められていますが、私たちは材料に新しい機能を付加できる「転写フィルム」を提供することで、製造業、建設業など各企業の商品の品質アップ・機能アップに貢献しています。
このような新たなフィールドに、新生「OIKE」の可能性を見出していきたいと思います。

また、新たなフィールドに乗り出したと言っても、これらは何もやみくもな多角化ではありません。
先に述べた二つも、従来の独自技術を他方面へ展開する発想から生まれたフィールドです。
私たちのコアコンピタンスであるドライ&ウェットコーティングのテクノロジーは、利用次第ではまだまだ新たなビジネスを生み出す可能性を秘めているのです。
一例を挙げれば、抗菌性の高い銀の特性を材料に付加できることから、メディカル分野への貢献も不可能ではありません。
新生「OIKE」は、「フロンティアセンター」「倉吉開発センター」の開発セクションを強化することで、こうした可能性をますます積極的に追求していくことを目指します。

会社情報
会社概要
沿革
グループ案内
事業場・事業所


Copyright(C) 2007 OIKE & Co., Ltd. All Right Reserved. ページの先頭へ